英国の欧州連合(EU)離脱決定で世界同時株安となった株式市場も落ち着きを取り戻したようです。マクロ的には円高の一服によるところが大きいのですが、投資家が沸き立つ企業ニュースが多かったことも要因でしょう。「ポケモンGO」の大ヒットによる任天堂株の急騰、ソフトバンクグループによる英アーム・ホールディングスの買収、LINEの上場などが挙げられます。経済や市場の主役は「企業」であることを改めて印象付けました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り646文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。