小売店の業態や立地に関しては、もう何十年も「あるべき姿」についていろいろな議論がされてきました。「駅前なのか、ロードサイドなのか」、あるいは「巨艦店なのか、カテゴリーキラー(専門店)なのか」など、時代やライフスタイルに合わせて、主役は次々と代わっていきました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り706文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。