2016年も既に折り返しです。今年、日経ビジネスは「日本が危ない」を年間テーマとして、日本が直面する諸問題に逃げずに向き合え、というメッセージを発信しています。今年最初の号では「先送り経営と決別せよ」という副題を付け、小欄でも「先送りを続けていては未来に禍根を残すだけです」と書きました。この時、まさか安倍晋三首相が消費増税を再び先送りするとは思ってもみませんでした。本来なら2015年10月に予定していた引き上げを、既に先送りしていたからです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り648文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。