「21世紀中に中国はアメリカを抜くに違いない」と私が言うとワシントン駐在経験のある記者は「いくら何でもそれは無理だろう」と笑いました。

 今聞くと滑稽ですが、2000年代に入ったころに大真面目に議論していました。当時の中国の名目GDPは1兆2000億ドルほど。日本の4分の1しかなく、米国は10兆ドルを超えていました。記者が笑うのも無理はありません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り448文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。