上場企業は有価証券報告書に「事業等のリスク」を必ず記載しています。一般事業会社であれば競争激化や需要の変動、為替、自然災害といった項目を載せるのですが、日本たばこ産業(JT)の有報を見ると、税金や規制についても言及しています。JTは自らがどうすることもできない「縛り」の中で企業価値を高めなければならない優良企業、とでも言ったらいいでしょうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り645文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。