「やっぱり稲盛さんが目を光らせてないとダメなのかな」

 日本航空(JAL)幹部は不安げでした。一度は経営破綻したJAL。京セラ名誉会長の稲盛和夫さんを経営トップに迎え「アメーバ経営」を導入して見事に復活したのはご存じの通り。しかし、再建に成功して稲盛さんが関与を減らすとともに、アメーバ経営の効果が薄れていっているように感じる、とその幹部は心配しているのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り454文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。