「な~んだ、やっぱりウソついてた」

 米国家安全保障局(NSA)は会話やメールなど通信網を通じて世界に流れるあらゆる情報を収集し、解析していると噂されます。その通信傍受システムの名前は「エシュロン」。2000年にNSA幹部を辞めたばかりの人に聞いてみました。「エシュロンありますよね?」。すると元幹部は「そんなものあるわけがない」と言い切りました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り471文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。