今年の突然のトップ交代には真相がよく分からないケースが目立ちます。LIXILグループ、セブン&アイ・ホールディングス、ベネッセホールディングス、セコムの例は創業者または創業家が何らかのカギを握っているとみていいでしょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り641文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2016年5月23日号 3ページより目次

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。