ゴールデンウイークの観光地は外国人客でいっぱい。少し前まではアジア各国を旅すれば、日本が豊かであることを実感できたものです。しかし、昨今、中国をはじめとする近隣諸国からの観光客を見ていると、個人レベルの豊かさという点では「もうおれは抜かれているな」と感じることが多くなってきました。日本の管理職の年収は中国よりも低い場合が多いというのですから、当然ではあります。

 トーマス・フリードマンの『フラット化する世界』が出版されたのは2005年。急速なグローバル化は富や情報を世界中に巡らせます。それが市民レベルで実感できるようになってきました。さて、フラット化の後に起こることは何でしょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り331文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。