本誌は2月8日号で「チャイルショック リーマンより怖い現実」という特集記事を掲載しました。その後、原油価格は底を打ち、中国景気の先行きについても深刻な悲観論は少なくなりました。では、景気は持ち直しているのでしょうか。答えはノーです。円高は進み、日経平均株価は上昇のきっかけがつかめていません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り644文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。