「正直言って、本流を外れた、という寂しい気持ちだった」

 1963年から29年もの間、積水ハウスの社長を務めた田鍋健さんが、積水化学工業から「お荷物子会社」だった積水ハウスに転じる際の心境です。