「正直言って、本流を外れた、という寂しい気持ちだった」

 1963年から29年もの間、積水ハウスの社長を務めた田鍋健さんが、積水化学工業から「お荷物子会社」だった積水ハウスに転じる際の心境です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り523文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。