アンプのサンスイ、チューナーのトリオ、スピーカーのパイオニア──。若い方は「何の呪文か」と思うかもしれません。レコードプレーヤーを中心としたステレオセットがお茶の間の主役だったころ。山水電気、トリオ(現JVCケンウッド)、パイオニアはオーディオ御三家と呼ばれ、その道ではソニーやパナソニックよりも格上でした。

 山水電気の技術者たちは「工場の柱のカビ一つひとつまでもが山水の音を作り出している。他社では絶対に同じ音は出せない」と話していました。音質への強いこだわりと誇りは数値では測れない領域にまで及び、高品質が世界のマニアの心をとらえました。しかし、同社は経営不振に陥り香港資本などに買収されて2014年に破産します。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り333文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。