セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEO(最高経営責任者)が突然、引退を表明しました。鈴木氏の先見の明とイノベーションは日本の消費社会を大きく変えました。「消費は経済学ではなく、心理学である」「競争相手は同業他社ではなく、消費者だ」など数限りない発想で同社を大きく成長させた、日本を代表する経営者の一人です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り640文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。