東芝問題が落ち着きません。米原子力子会社ウエスチングハウス(WH)のチャプター11申請や半導体事業の売却方針など思い切った構造改革は評価できますが、2016年4〜12月期の決算発表は遅れに遅れ、3月期の発表も思いやられます。