今、中国のEC(電子商取引)市場に、世界の有力消費財メーカーや小売業が熱い視線を送っています。明らかに成長することが分かっているからです。生活が豊かになるにつれ、良いものを買いたいという消費者の思いが当然のように高まってくるのは世界のどこでも同じです。かつての日本もそうでした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り638文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。