今、中国のEC(電子商取引)市場に、世界の有力消費財メーカーや小売業が熱い視線を送っています。明らかに成長することが分かっているからです。生活が豊かになるにつれ、良いものを買いたいという消費者の思いが当然のように高まってくるのは世界のどこでも同じです。かつての日本もそうでした。