避けて通れない、早く解決しなければならない問題に正面から向き合うのは勇気がいるし、難しいことです。しかしながら、次の世代に先送りしては問題の解決にはなりません。高齢化社会への対応はその典型的なテーマでしょう。自らの「老い」だけでなく、親や配偶者、あるいは会社の上司や同僚にも襲ってくるのです。介護のために職場を離れることになれば、1人の老いが与える影響は広範囲に及びます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り641文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。