もはや気にすることもなくなりました。2月14日のバレンタインデーと3月14日のホワイトデー。ついに今年は妻子も忘れてしまったようです。

 この1カ月間は大手企業が春季労使交渉、いわゆる春闘を繰り広げます。車大手などの労組が2月14日に要求を提出、3月14日に集中回答日を迎えます。今号の特集でもある「給料」は上がる余地があるはずですが、今年も闘う前から渋い結果が見えています。

 好業績に沸き、空前の人手不足、働き方改革で残業代が減ってるはずなのに……。「労使協調」路線が行き過ぎて「忖度」になっている労組が増えているのでしょうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り360文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。