大阪市内の自宅でも立っていられないほど激しい揺れでした。1995年の阪神・淡路大震災です。その日から長い被災地取材が始まりました。

 神戸から大阪に戻るため、電車が動いていた西宮北口駅まで歩くことがありました。被災地の中を5時間。やっとの思いで座席に着くと、重そうな荷物を背負った中年夫婦が乗車してきました。ほかの乗客と同様、どこかに避難するところのようでした。当然、席を譲りましたが、終点の梅田駅に着くと不意に夫人が私を呼び止めました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り412文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。