長く不振が続いたソニーの業績が改善しています。そもそもどこでつまずいたのでしょう。株式市場を揺るがした2003年のソニーショックのあたり、その後に業績低迷が目立つ08年のリーマンショックのあたり…いろいろ見方はあるでしょう。私が異変を感じたのは1996年。VAIOやプレイステーションを相次ぎ発売した90年代半ば。ソニーがまだまぶしかったころです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り463文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。