手前味噌で恐縮ですが、もし2015年11月に弊誌が東芝の原発子会社、米ウエスチングハウスの減損の事実をすっぱ抜いていなければ、東芝は今なお事実を隠蔽し、投資家、従業員、取引先、消費者を裏切り続けていたかもしれません。2016年2月4日、当時の室町正志社長は記者会見で「今年(2015年)度にウミを出し切って、来年度にV字回復を図る」と言いましたが、全く見当違いだったわけです。これでは真面目に働いてきた社員が浮かばれません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り630文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。