年明けから世界の市場が大混乱です。上海株の大幅下落から新興国リスクが意識され、原油安に波及し、マネーが先進国の為替や国債に流れている、という構図ですが、企業業績への影響が広がりつつあります。資源安で減損損失や評価損を迫られる企業も出てきました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り665文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。