「揺り戻しはありますよ」

 りそなグループのある管理職がこう残念がっていました。実質国有化され2003年にJR東日本出身の細谷英二さんがトップに就任。不良債権の処理と並行して窓口営業時間の延長など利用者目線の改革を進めたものの、「銀行目線」に戻りつつあるというのです。「急過ぎる部分もあったし、もともと気に入らない人もいた」と言います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り463文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。