車体を自動制御するには、坂道の勾配やカーブの曲がり角度などの数値が欠かせない。こうした数値を車載センサーのデータを基に計算するには高い処理能力と時間が必要だ。あらかじめ計測した数値を記録した3次元地図を用意する方が合理的といえる。

 業界関係者は「政府は東京五輪が開催される20年までに、自動運転車を実現したがっている」と話す。そのためには一刻も早い3次元地図の整備が必要だ。ただし、自動車メーカーや地図会社が個別に取り組むと、時間とコストがかさんでしまう。こうして誕生したのが、冒頭のDMPだった。

三菱電機が開発した計測専用車両「モービルマッピングシステム(MMS)」。測量会社や地図会社などが導入している。

 ではどうやって3次元地図を作るのか。DMPの取り組みをベースに解説していこう。

 計測に使うのは、三菱電機が開発した専用車両「モービルマッピングシステム(MMS)」だ。複数のGPS(全地球測位システム)衛星と、地上に固定された電子基準点を使って誤差を修正。道路を走行しながら、正確な位置情報を記録できる。三菱電機によれば、1度走行するだけで誤差10cm以内の精度で走行経路が分かる。

主役は「カメラ」と「レーダー」

 走行中には、2つのレンズの向きを微妙に変えた「ステレオカメラ」で周辺状況を撮影する。白線や進入禁止、追い越し禁止の標識といった、運転者が目視で理解している道路交通法に関する案内表示をデータ化するためだ。撮影した画像を基に、交通ルールのデータを3次元地図に付加していく。

 地形の正確な測量を担うのは、「レーザーレーダー(LiDAR)」と呼ばれるセンサーだ。細いレーザー状の電波を1秒間に何十万本も照射し、反射電波から物体との距離を計測。数cmの誤差もなく正確に道路の幅や障害物の形状、カーブの曲がり角度などを測定する。LiDARが相対速度を計測することで、周囲の物体が壁なのか並走するクルマなのかも認識できる。不要な情報を特定して、地図データから除外すれば精度はさらに高まる。

 MMSを使うことで、車両位置を10cm単位で特定できる。そこを基準に、周辺の道路交通法関連の画像と障害物までの正確な距離をデジタルデータとして記録。これらを組み合わせることで、正確な3次元地図を作るデータがそろう仕組みだ。