自動運転の基盤となる高精度の「3次元地図」の整備が急ピッチで進む。ステレオカメラとLiDAR、GPSなどを組み合わせ、誤差は10cm以内にまで縮まった。今号から始まる新連載では、テクノロジーが社会にもたらす「トレンド」を掘り下げていく。