全2754文字

送金は仮想通貨で行い、デジタルな交通サービスが事故と渋滞を減らす。アフリカで先端ITを活用した新たなサービスが次々と誕生している。インフラの遅れを指摘されてきたが、先進国をしのぐ仕組みが一足飛びに生まれている。

 国際送金は時間とコストがかかる。そんな悩みを解決するサービスがアフリカにある。ケニアを中心に事業を展開するビットペサは2013年から仮想通貨ビットコインを使った企業間の国際送金サービスを提供している。このほど、SOMPOホールディングスが出資し、日本でも注目を集めている。

ビットコインで海外送金を代行
●ビットペサのメンバーとオフィスの様子
マーケティング責任者ステファニー・ズー氏(中央)とオフィスの風景

スピードに利点

 例えばガーナからベナンに送金する場合、ガーナの企業がモバイルマネーで現地通貨を振り込む。すると、ビットペサはビットコインに交換したうえでベナンのパートナー企業(ブローカー)に送る。ブローカーはビットコインを現地通貨に交換。ベナンの企業の銀行口座に振り込む。

 手数料は通貨や取引の頻度、金額によって変動するが、3%程度が主流だという。取引は即日で終わり、その日のうちに受け取れる。アフリカでは取引に2週間かかる場合もあり、スピード面の利点は大きい。