2020年夏の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで、あと2年。移動、観戦、宿泊などに関するバリアフリー関連の基準などを見直す動きが活発だ。見過ごされてきたバリアの解消は、企業にとって新しい市場となる可能性がある。

改修で新設された席(左、写真=日本財団パラリンピックサポートセンター提供)。一般席を撤去して3階の東西に69席の車椅子使用者席を増設(上1枚目、写真=東京都提供)。武蔵野の森総合スポーツプラザの外観(上2枚目、写真=安川千秋)

 「武蔵野の森総合スポーツプラザ」は東京都が2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて整備する新規恒久施設8件の一つ。同施設ではこのほど異例ともいえる開業前でのバリアフリー改修が実施された。

 「必要な車椅子使用者席の多さに正直、驚いた」。こう打ち明けるのは武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)の設計を手掛けた日本設計の第1建築設計群副群長で商業施設設計室長の竹林正彦チーフ・アーキテクトだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2177文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テクノトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。