巨大な自然災害はインフラに大きな被害をもたらす半面、技術革新の契機となる。熊本地震で落橋した阿蘇大橋の架け替え工事では、一部の部材をあえて壊すことで橋の損傷を制御する。トンネル掘削工事では、施工者のノウハウを設計に反映して高速で施工する。

壊れ方を決めて損傷を制御
●設計の想定を超える外力に備える
壊れ方を決めて損傷を制御<br /><small>●設計の想定を超える外力に備える</small>
新しい阿蘇大橋の橋脚付近から橋台側を望む(写真=日経コンストラクション)

 深さ100mの渓谷の切り立った斜面。時折秒速10mを超える強風が吹き抜ける中で重機がせわしなく動き回り、橋脚基礎の建設が急ピッチで進む。国土交通省九州地方整備局熊本復興事務所が約60億円の工費をかけて整備する国道325号阿蘇大橋の架け替え工事の現場だ。2016年4月16日未明の本震で落橋した旧橋の約600m南側で、分断された南阿蘇村の中心部と熊本市方面をつなぐ。

 20年度の開通を目指す新しい阿蘇大橋(以下、新阿蘇大橋)。設計に当たって最も大きな課題となったのは、熊本県内を南西から北東に横切る布田川断層の存在だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2435文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テクノトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。