2週間続けて1分ごとのデータを収集するセンサーや、「蚊」の口を参考にした注射針。糖尿病の悪化予防に不可欠な血糖値の測定で、「無痛」を売りにする機器が相次ぎ登場した。誰もが手軽に血糖値を測定できれば健康寿命の延伸と、医療費削減も期待できる。

 パチン! 乾いた音が響くと指先に針が刺さり、米粒の半分ほどの血がにじむ。名刺大の測定器で血に触れると、画面に血糖値が表示された──。

 国内に約100万人いる重度の糖尿病患者は毎日、こんな作業を繰り返している。血糖値に合わせて注射するインスリンの量を、自分自身で調整する必要があるからだ。健康な人の血糖値は1日の間に70~130mg(ミリグラム)/dL(デシリットル)の範囲で変動しているが、糖尿病になると食後の血糖値は200mg/dLを超える。血糖値を適切な範囲に保たなければ、心筋梗塞や脳卒中などを生じるリスクが1.8倍から2.5倍高まるという。そのため、食前、食後、寝る前など、1日に何度も血糖値を測定する。

血糖値の測定方法の変化
●痛みを伴う指先からの採血が不要に
血糖値の測定方法の変化<br /><small>●痛みを伴う指先からの採血が不要に</small>
(写真=左:Tetra Images/Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、従来の血糖測定には大きく3つの課題がある。一般的な血糖測定器の針は直径1mm弱と太く、刺す時に痛みを伴う。指先に傷ができて、雑菌などに感染する恐れもある。さらに、保険適用で血糖値を測定できる回数は1カ月に最大で120回まで。このような背景から、患者が徐々に血糖測定を怠ってしまうケースが少なくなかった。

 こうした悩みを解消する画期的な医療機器が昨年、日本で発売された。米シカゴに本社を置くアボット・ラボラトリーズが開発した「FreeStyleリブレ」。採血せずに測定器を「かざす」だけで何度でも血糖値を測れる機器だ。

 特徴は、腕部に装着する500円玉大のセンサーだ。「フィラメント」と呼ぶ直径0.4mmの細い針を挿入。下の図のように、表皮のすぐ下にある間質液中のグルコース濃度を常時測定する。血糖値が上昇すると間質液中のグルコース濃度も連動して上昇することを利用し、血糖値を推定できる。

 筒状の金属針で皮膚に挿入するため、最初は「チクッ」とした痛みがある。だが、体内に残るのは細いフィラメントだけなので、装用中は痛みはほとんどない。センサーは2週間の使い捨てで、装着したまま入浴や運動もできる。

 センサーは1分ごとに血糖値を測定し、15分ごとにデータを保存。測定器をかざせば無線でデータが伝送され、液晶画面に血糖値が表示される仕組みだ。伝送には交通系ICカードなどで使われる非接触通信技術を利用する。

 データは8時間分保存でき、就寝前と起床時に測定すれば睡眠中の血糖値の推移が分かる。測定時点しか分からない従来手法と比べ、患者の血糖値をきめ細かく把握できるのも利点だ。

 実際にFreeStyleリブレを使用した経験のある50代の糖尿病患者は「どのような食事をとると血糖値が上がるか数字で分かるので、毎日の食事内容について慎重に考えるようになった」と話す。負担なく測定できるため血糖測定をさぼりにくくなり、食後の散歩を自発的に行うなど患者の行動も変わる。

 本体価格は7089円(税抜き)で、センサーは2個セットで1万3800円。機器そのものは保険の対象外だが、患者の経済的な負担は指先から血を出す従来手法と大きくは変わらない。そのため、発売当初は生産が追い付かないほどの人気を博した。現在は高度管理医療機器等販売業の許可を得た薬局であれば誰でも購入可能で、普及し始めている段階だ。日本法人アボットジャパンでマーケティング本部長を務める安藤友彦氏は「今後さらに、販売を拡大していきたい」と意気込む。

次ページ 糖尿病の早期発見にも