2週間続けて1分ごとのデータを収集するセンサーや、「蚊」の口を参考にした注射針。糖尿病の悪化予防に不可欠な血糖値の測定で、「無痛」を売りにする機器が相次ぎ登場した。誰もが手軽に血糖値を測定できれば健康寿命の延伸と、医療費削減も期待できる。

 パチン! 乾いた音が響くと指先に針が刺さり、米粒の半分ほどの血がにじむ。名刺大の測定器で血に触れると、画面に血糖値が表示された──。

 国内に約100万人いる重度の糖尿病患者は毎日、こんな作業を繰り返している。血糖値に合わせて注射するインスリンの量を、自分自身で調整する必要があるからだ。健康な人の血糖値は1日の間に70~130mg(ミリグラム)/dL(デシリットル)の範囲で変動しているが、糖尿病になると食後の血糖値は200mg/dLを超える。血糖値を適切な範囲に保たなければ、心筋梗塞や脳卒中などを生じるリスクが1.8倍から2.5倍高まるという。そのため、食前、食後、寝る前など、1日に何度も血糖値を測定する。

血糖値の測定方法の変化
●痛みを伴う指先からの採血が不要に
血糖値の測定方法の変化<br /><small>●痛みを伴う指先からの採血が不要に</small>
(写真=左:Tetra Images/Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、従来の血糖測定には大きく3つの課題がある。一般的な血糖測定器の針は直径1mm弱と太く、刺す時に痛みを伴う。指先に傷ができて、雑菌などに感染する恐れもある。さらに、保険適用で血糖値を測定できる回数は1カ月に最大で120回まで。このような背景から、患者が徐々に血糖測定を怠ってしまうケースが少なくなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2342文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テクノトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。