人間がパソコンでこなす事務作業を、ソフトウエアに代行させる「RPA」。「教え込んだ作業手順を再現する」という単純な仕組みだが、ここ数年で脚光を浴びるようになった。人口減少社会における新たな「労働力」として、日本企業の救世主となるか。

 つい数秒前までパソコン画面に表示されていたブラウザーは姿を消し、代わりに表計算ソフトが登場。縦横無尽にマウスカーソルが動き、次々とデータが入力されていく──。

 ただしディスプレーの前に人間は座っていない。代わりに作業を遂行しているのは「仮想ロボット」だ。ロボットなので作業は正確で高速。夕方に疲れを訴えたり、急に辞表を提出したりすることもない。ロボットによる業務プロセスの自動化を意味する「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」を導入した企業では、日夜こんな光景が繰り広げられている。

 三井住友フィナンシャルグループはRPAで既に年40万時間分の作業を削減。サントリーホールディングスは社員の残業時間を5%減らす目標だ。東証1部上場企業のうち、10社に1社がRPAを導入しているとの推計もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2524文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テクノトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。