東京五輪を2年後に控え、スタジアムやアリーナを核とした街づくりが全国で広がっている。 ハコモノから脱却し、試合のない日でも来場者を魅了する「稼ぐスタジアム」の姿とは。 スポーツ先進国の米国では、最新技術を駆使して「観る」体験の刷新に動き出している。

 無数の観客席が全視界に広がり、頭上にはリング状の超巨大スクリーンが迫る──。2017年8月に米アトランタに開業した「メルセデス・ベンツ・スタジアム(MBS)」のエントランスホールで、来場者がまず目にする光景である。