2018年3月期に営業最高益を見込むソニーにとって、残された大きな課題の1つが、スマートフォンを含むモバイル事業の立て直しだ。長年にわたって業績不振に苦しむ同事業をなぜ、ソニーは手放さないのか──。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1889文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題