今でこそ多くの企業が医療や健康を成長事業と捉えて参入しているが、実はソニーの医療事業の歴史は古い。テレビなどで培ってきたイメージング技術を核として、1980年代からモニターやプリンターなどの医療関連機器や、研究用の細胞分析機器などを手掛けている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1285文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題