2016年10月に発売してから、わずか1年あまりで200万台を突破した仮想現実(VR)機器がある。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の「プレイステーションVR(PSVR)」。据え置き型ゲーム機「プレイステーション」に接続するだけで、VRを楽しめる。このヒット商品の成功の裏には、SIEの並々ならぬ熱意があった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1620文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題