華やかな拡大戦略は暗転して、業績悪化と相次ぐ不祥事に見舞われる。セゾンの成功も失敗も本質的な要因は、堤という経営者に内在していた。91年の「引退宣言」はバブルの後始末という長い撤退戦の始まりだった。

堤清二(つつみ・せいじ)
(写真=村田 和聡)
1927(昭和2)年、東京都出身。東京大学卒業後、父親で衆議院議長だった堤康次郎の政治秘書を経験。54年に西武百貨店入社、66年に同社社長。父が築いた西武鉄道グループから独立した西武流通グループ(セゾングループ)を育て上げた。91年グループ代表を辞任。経営者時代から、辻井喬のペンネームで詩集、小説などを多数執筆。2013年に86歳で死去。

 「アメリカのロックフェラー家の資産運用会社のトップが日本に来ました。目当ての堤清二さんに会えないというので、代わりに僕が会いました。長年、日本に投資してきたが、そろそろ引き揚げようと思っているというのです」

 こう明かしたのは、堤清二の妻の弟である水野誠一。財界の大物で産経新聞社長だった水野成夫を父に持つ。1990年に43歳の若さで西武百貨店の社長となる直前、専務だったときに面会したという。石油で財を成したロックフェラー家は「石油王」とも呼ばれ米国を代表する財閥だ。堤がかつてロックフェラー財団に寄付をした関係で、3代目当主デビッド・ロックフェラーと親交があった。日本有数の資産家だった堤一族に何を伝えたかったのか。