入社した駅前デパートは父が仕掛けた無謀な米国出店でさらに苦境に陥る。百貨店の常識を覆す創造的破壊と事業拡大で、大逆転を狙った。ロフトのような新事業は生んだが、百貨店はなお隘路にはまったままだ。

堤清二(つつみ・せいじ)
(写真=村田 和聡)
1927(昭和2)年、東京都出身。東京大学卒業後、父親で衆議院議長だった堤康次郎の政治秘書を経験。54年に西武百貨店入社、66年に同社社長。父が築いた西武鉄道グループから独立した西武流通グループ(セゾングループ)を育て上げた。91年グループ代表を辞任。経営者時代から、辻井喬のペンネームで詩集、小説などを多数執筆。2013年に86歳で死去。

 西武百貨店が大卒を定期的に採用し始めたのは1956年。そのころ採用された元幹部社員は、証言する。

 「堤康次郎さんが全社員を集めて講堂で話す機会がよくあった。私たち大卒は、彼の目に入らないように、幕の後ろに隠された。康次郎さんは、百貨店の仕事は女の子たちでやればいい、物を売るのに何で大卒が要るんだ、という考えだったからだ」

 それでも、大卒採用を進めたのが堤清二。54年に27歳で百貨店に入社した翌年、池袋の店長に就いてすぐに動いた。入社したのは西武鉄道の総帥である父の指示だが、直後から家父長的に統治する経営手法に反発した。「講演しに来るのは断れなかったが、清二さんは、おやじの言うことを聞かずに会社を変えようと燃えていた」と、元幹部は振り返る。