保田隆明(ほうだ・たかあき)
神戸大学大学院経営学研究科准教授
1998年早稲田大学商学部卒業。米リーマン・ブラザーズなど証券会社勤務などを経て、2015年9月から現職。専門は企業財務やベンチャーファイナンスなど。

 自治体に寄付すると住民税の一部が控除される「ふるさと納税」は2008年の導入以来、そのあり方や意義について様々な議論がなされてきた。公共政策の観点などから多くの批判もあるが、筆者は世界的にもユニークな制度であり、大きな利点があると考える。

 ふるさと納税の最大の貢献は、消費者の目を地方に向けさせたことだろう。この制度を活用することで、全国の自治体が自分たちの魅力をアピールして交流人口を増やしたり、東京など大都市圏から資金を調達したりする仕組みを構築できる。それは結果として、経済を支えるヒト・モノ・カネの好循環を生み出すことにもつながる。

続きを読む 2/3 「競争的資金」と考えるべきだ

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2211文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。