自治体に寄付すると住民税の一部が控除される「ふるさと納税」は2008年の導入以来、そのあり方や意義について様々な議論がなされてきた。