利子を禁じるイスラム金融では、資金提供者もリスクを負って事業を展開する「投資」が奨励される。リスクマネー供給の必要性が叫ばれる中、事業本位のイスラム金融からいま学ぶべきことは多い。

吉田 悦章[よしだ・えつあき]
国際協力銀行
外国審査部
第3ユニット長
米ハーバード大学留学を経て一橋大学商学部卒、日本銀行入行。2007年に国際協力銀行に移り、12年から現職。京都大学大学院特任准教授。京都大学博士(地域研究)。

 原油価格の上昇によるオイルマネーの台頭や、東南アジアや中東、アフリカなど信者が多く暮らす新興国の経済成長に伴って、存在感を高めてきたイスラム金融。市場規模の拡大ばかりが目立っていたが、最近は根底にある理念も注目を集めつつある。

 創業間もないスタートアップ企業に対するリスクマネー供給拡大や、環境保護、社会性、企業統治の3点を重視する「ESG」投資の普及──。日本経済が直面している大きなテーマを、先取りしている面があるからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1759文字 / 全文2190文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。