安倍晋三政権による成長戦略が掲げられた2014年から今年にかけて、市場ではいわば「コーポレートガバナンス祭り」とでも言えるような、ROE(自己資本利益率)に対する期待感が異常なまでに高まった。