ネット通販の急伸で国内の物流網がパンクし、宅配サービスの危機が叫ばれている。解決のカギを握るのが「同時性の解消」。宅配のみならず、他の業界にも共通する重要概念だ。

松岡真宏(まつおか・まさひろ)
フロンティア・マネジメント代表

東京大学経済学部卒。外資系証券会社などで流通業界の証券アナリストとして活躍。2007年から現職。近著に『宅配がなくなる日 同時性解消の社会論』。

 ヤマト運輸が10月1日、宅配便の個人向け料金を引き上げた。消費増税時を除くと27年ぶりの値上げだ。「配送業務の現場はかつてない厳しい状況」。ヤマトは自社ウェブサイトでそう訴え、値上げの理由を「社員の健全な労働環境を守るため」と説明している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2128文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。