訪日観光客が増え続ける中、観光行政と観光協会が担う従来型の地域振興には限界が見えてきた。十分な財源を確保して新たな組織を作り、企業のノウハウを取り入れた運営をする必要性に迫られている。

高橋一夫[たかはし・かずお]
近畿大学 経営学部教授

1959年生まれ。大阪府立大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。83年JTB入社。2007年流通科学大学教授、12年から現職。

 日本政府観光局(JNTO)の推計によると、今年9月の訪日外国人の数は前年同月比18.9%増の228万100人となり、9月として過去最高となった。1~9月までの累計では前年同期に比べて17.9%増の2119万6400人を記録した。

 このペースが続けば、2017年は2800万人を突破する見込みだ。以前は東京、大阪など大都市圏に偏っていた訪問先も地方に広がりつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2006文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。