安倍晋三首相が「1億総活躍社会」のスローガンを打ち出した。だが日本では今後、公的年金および健康・介護保険などの支出が急増する一方で、労働人口減少によって税収が低下していく。