ラグビーワールドカップ(W杯)を皮切りに、3年連続で国際的なスポーツイベントが日本で開催される。 スポーツ産業の裾野を広げるためには、日本の魅力を発信するための「インフラ作り」が欠かせない。

桂田 隆行[かつらだ・たかゆき]
日本政策投資銀行
地域企画部参事役
北海道大学法学部卒業、1999年日本開発銀行(現日本政策投資銀行)入行。ホテルなどへの融資業務に従事、2012年地域企画部。スポーツの地域への活用などが専門。

 2019年9月から始まるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会まで1年を切った。20年には東京オリンピック・パラリンピック、21年には参加型スポーツ世界大会の「ワールドマスターズゲームズ」が関西で開催される。3年連続で国際的なスポーツイベントがあるのは初めてで、「ゴールデン・スポーツイヤーズ」と呼ばれる。

 政府は25年にスポーツ産業の国内市場規模を15兆円と12年(5兆5000億円)の3倍弱に引き上げる目標を掲げている。これは大枠では、スポーツ関連企業の売上高の合計。競馬など公営競技、学校体育などの教育関連費用は除かれている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1911文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。