今年9月、米国のオバマ大統領は行動経済学の知見を政策に生かすとの大統領令を発表した。米国では過去にも、米ハーバード大学のブリジット・マドリアン教授らや米シカゴ大学のリチャード・セイラー教授らによる行動経済学の研究成果を年金保護法に採用。