日本銀行が9月末、長短金利を政策運営の目標とする金融政策を導入した。マネーサプライ(中央銀行が供給する通貨量)の増大からマイナス金利にまで踏み込んだ異次元の金融緩和が、新たな方向に進み始めた。