コーヒー1杯の値段から世界の貧困や金融危機まで、現実経済は不思議な論点にあふれている。エコノミストは観察し、仮説を立て、そして検証するというプロセスの繰り返しで少しずつ真理に近づこうとしている。