近頃、少子高齢化による人手不足が危惧されることが多い。しかし、全面的な人手不足が長く続くことはないだろう。というのも、AI(人工知能)が人間の代わりに働き、人手不足を補っていくからである。むしろ、AIの技術進歩がこれから加速することにより、人手はいずれ余るようになる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2564文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題