近頃、少子高齢化による人手不足が危惧されることが多い。しかし、全面的な人手不足が長く続くことはないだろう。というのも、AI(人工知能)が人間の代わりに働き、人手不足を補っていくからである。むしろ、AIの技術進歩がこれから加速することにより、人手はいずれ余るようになる。