一時1ドル=80円を割っていた為替レートは2012年秋から円安基調をたどり、2015年央には125円超まで振れた。2015年秋頃からそのトレンドが変化し、2016年には100円近傍まで水準を下げる事態となっている。