渕 圭吾(ふち・けいご)
神戸大学大学院 法学研究科教授
1975年生まれ。98年東京大学法学部卒。学習院大学教授を経て2015年から現職。専門は租税法。経済学の成果も利用しながら、法的観点からの政策提言を目指している。

 「電気の契約を見直しませんか」

 最近、こう勧誘されることが多くなった。今年4月に電力小売りが完全自由化されたことに伴うものらしい。誰しも出費が減るとなれば、心が動くというもの。少しでも安い会社と契約しようと、情報収集中だ。

 同じように、国との契約を見直すことで税金が安くなることをご存じだろうか。といっても、誰もが契約できるわけではない。タックスヘイブンと呼ばれる国々が、大企業との間で特別な契約を結んでいる。大企業の統括会社を自国内に置いてもらう代わりに、この統括会社にかかる税金を安くすることを認めているのだ。

続きを読む 2/3 企業と「テーラーメード」の契約

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2316文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。