預託された個人情報を活用して消費者に便益を返す「情報銀行」の認定制度が今秋にも始まる。ビッグデータ関連産業を振興するのが国の狙いだが、消費者からの信頼を得るには、個人の権利保護が前提だ。

森 亮二[もり・りょうじ]
知法律事務所 パートナー弁護士
1990年、東京大学法学部卒業、97年に弁護士登録。米ニューヨーク州の弁護士資格も持つ。内閣官房の「パーソナルデータに関する検討会」の委員も務めた。
<span class="fontBold">精緻な個人情報の、経営資源としての重みが増している</span>(写真=Yuichiro Chino/Getty Images)
精緻な個人情報の、経営資源としての重みが増している(写真=Yuichiro Chino/Getty Images)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1899文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「気鋭の経済論点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。